第6回南大江地域自主防災訓練実施

今年は「地震への備えを、今こそ」を重点テーマとして実施いたしました。
日頃から「地域減災」を考え訓練を通して、その体験から望まない大災害から地域にお住まいの皆様が協力し合って、助け合う事を学び、常に安全に備えて置く事が必要です。

日時 2018年9月22日㈯ 10時~12時

場所 大阪市立 東中学校

参加人数 約500名

朝方までの雨が止んだ曇り空の中、第6回南大江地域での自主防災訓練を開催致しました。
今回は運動場が雨の影響で使えない為、訓練内容を室内で行えるものに変更して防災訓練を実施しました。
朝9時に地震発生と想定し、南大江地域の皆様による避難を今回は、大阪市立 東中学校を避難所開設場所(本部)とし実施しました。
本部での運営訓練では、中央聴覚支援学校や東中学校の生徒のみなさんが地域の方たちと一緒に、本部訓練、救護訓練などに参加し、体育館では「地震への備えを、今こそ」をテーマに防災講演会と救護訓練を実施致しました。
防災訓練を終え講評を、中央消防署 署長 中尾 保誠 様 、中央区長 吉村 浩 様 から頂きました。
最後に、南大江地域活動協議会 会長 伊藤 弘一郎より、防災訓練に参加ご協力頂きました皆様に感謝を申し上げました。