第6回南大江防災会議を2018年9月15日㈯18時より開催しました

場所:南大江小学校体育館

参加者 約100名

会議の目的
・9月22日㈯開催の第6回南大江防災訓練に向けた役員、地域住民の主体的な気運形成
・防災訓練の企画に盛り込むべき訓練内容および、地域の防災活動として取組むべき内容のい把握、共有
・この間の地震(大阪北部地震)、台風21号等の災害に伴う問題や新たな地域課題の把握

第1部 中央消防署 署長 中尾 保誠 氏 
    講演「大阪北部地震の体験から地域防災をいっしょに考えましょう!」

第2部 意見交換会 
    
    参加者によるグループワークを実施 9グループ
    1.「最近の地震、台風でこまったこと」と「防災への備えに必要なここと」について発言
    2.意見をグルーピングし、グループとして、3大課題と3大提案、模造紙に貼付したシートにまとめる
    3.参加者のなかから発表者を決め 発表する
    
    最後に整理結果の報告、感想、追加意見の確認

第6回南大江防災訓練に向け、第1部では中央消防署長の中尾様の講演会を開催して頂き大変参考になりました。
第2部ではグループワーク。参加者を9グループに分け、各グループで皆さん全員で防災に関する様々な課題と提案を出し合いまとめました。
1週間後の防災訓練を実施するにあたり、大変有意義な会議となりました。